cut2


サンフィエロ パラディソ ラボ
gta_sa 2015-08-17 02-10-17-774
「注目されているルディ・ターレとワン・ミンウェイに求められている刑罰ですが、本日、裁判所よりルディ・ターレに終身刑、ワン・ミンウェイに懲役700年の刑罰が言い渡されました」

チャンネル9、とも言われるLocal9、KEOCのニュース”CITY EYES”が報じるのは数日前にIAAによって逮捕されたルディ・ターレとワン・ミンウェイの判決。

最終的に司法取引が適応されたという話だが、彼らが犯した罪は内容が内容だけに死刑を間逃れた程度でニュースキャスター、ステラ・ブラウンが報じるようにルディ・ターレに終身刑、ワン・ミンウェイに懲役700年と言う裁判判決が下された。
世論は今、この2人に下される判決のことで持ちきりであったが、こうして裁判所による判決によって終止符を打った……と言えるかもしれない。

gta_sa 2015-08-17 02-15-42-763
「サンアンドレアス、ロスサントスよりステラ・ブラウンがお送りしました」
Kinzie(Ki)「随分騒いでたようだけどやっと判決が降りたみたいね」

パソコンを弄る傍ら、偶々ついていたテレビに映し出されるニュース番組を見ていたキンジー。
この2人がIAAの、それも射命丸文から引き渡されたということは既に四季からの連絡で知らされていたので特に驚くこともないのだが、その時点でまだ刑罰は決まっていなかったのでこのニュースで初めて知ったことになる。

そのまま次のニュースを報じるテレビを横目にパソコンのモニターに目を移す。ニュースが報じているのは次期型タクシー車両のことだったり、行方不明や殺人事件と言ったごくありふれた事ばかりだ。

そういえば入手した情報によればFIBとIAAが妹紅を助ける為に”インスティンクト”に依頼を出したらしい。
詳しい情報はまだ収集中、街のカメラをハッキングして近くの監視カメラからインスティンクトの拠点であるガレージを監視はしているのだが、
ガレージの内側や外側、その周辺に監視カメラが無い為、中の情報がわからずじまい。盗聴器の類も仕掛けていないので彼らの動きを把握しきれていない。

gta_sa 2015-08-17 02-16-10-607
Ki「まぁ……時間はあるわけだし、ゆっくり何か手を考えればいいわよね。連絡先も知ってるわけだし」

本来ならすぐにでも動くべきなのだろうが、クロードを助けた妹紅の為にインスティンクトが動いているとなれば暫らくは野放しにしておいて問題はないだろう。
助け出してくれた後で何か行動を起こすようならば、動く必要が出てくるがおそらくしばらくは動きもないはず。その間に監視できる環境を整えておけば問題はない。
それにまず、四季からもしばらくは野放しにするように通達が来ている。藤原妹紅はSAPDにとっても重要な人物、ということなのだろうか。



サンフィエロ パラディソ アパート
gta_sa 2015-08-17 02-18-57-045
Mac(Ma)「ショーンディ? どうしたんだ?」
Shaundi(Sh)「どうしたもなにも、政府の仕事を受けるって聞いて駆けつけてきたのよ。アンタ何考えてるわけ?」

昼下がりのサンフィエロ。突如としてマックの電話にコールするショーンディ。
彼女は基本的にチームがレースに参加するときと何か用事がある時以外は顔を出したりはしないのだがおそらくフランクリン経由で政府の仕事を受ける旨を聞いたのだろう。

Ma「金になるからやるだけだ。ショーンディ、お前に迷惑はかけないよ」
Sh「そういうことじゃなくて、アンタたちが心配だからこうして言いに来てるのよ」

金になるから仕事を引き受けた、それまでなのだがショーンディはチームメンバー全員がブタ箱行きになる事だけは避けたいのだ。

gta_sa 2015-08-17 02-19-08-096
Ma「これまで大丈夫だったんだ、大丈夫に決まってる」
Sh「まったく、アンタって奴は」

ショーンディは呆れたような口ぶりで一言”全員捕まらないようにね”とだけ告げて電話の通話を切る。
まるで嵐が通り過ぎて行くようなスピードだった。あのように見えて意外とチームのことを心配しているショーンディ。強盗に加担することは殆どしないスタンスのようだが、いつか理解はしてくれるのかもしれない。

gta_sa 2015-08-17 02-19-25-536
Ma「前はハッカーとして雇ってたキンジーも居たし、アイツもハッカーとして動いてくれてたけど今はそういうわけにもいかなくなったな」

ぼそっとマックは呟く。
以前、と言っても2か月経たないくらいなのだがキンジーはバックアップ担当としてチームに協力をしてくれていたのだが、上層部との折り合いもあってそういう事にもいかなくなったらしい。
今では敵、といっても過言ではなくなってしまったがキンジー自信は執拗にこちらを負う様なことはしてきていないのでそこまで敵対しているわけではない……と思いたい。

ショーンディもキンジーと共にバックアップを担当してくれていたのだが、どうも強盗をやり始めたあたりからあまりバックアップとしては参加しなくなった。
問いただすことはしなかったがやはり、彼女のスタンスとしてあまり犯罪に加担したくないのだろう。

gta_sa 2015-08-17 02-20-05-820
Ma「……今はアリスが居るからバックアップは現状不備はないはずだ」

魔理沙の紹介で加わったアリスが今はバックアップ兼ハッキング担当としてチームに在籍している。
レスターのバックアップも貰えるのでそう考えればハッキングに不備はない。ただやはりショーンディのことが気がかりではあった。
このままチームから抜けるような空気にでもなれば……悪い事ばかりよぎる。数年間共にチームとして行動してきたのだ、別れがないとは断言できないとはいえ、居なくなれば少し寂しくなるなとマックは考える。