cut2



サンフィエロ サンフィエロ国際空港 格納庫
gta_sa 2015-08-20 00-24-11-789
Mac(Ma)「フランクリンの操縦で何とか運び込んだんだが、やっぱりヘリの操縦はお前の方が向いてると思うんだ」
Edie(Ed)「だから呼んだわけか……まぁいいぜ。とりあえずまずどこに飛べばいいんだ?」
Lester(Le)「まずはダウンタウンにあるアンテナのハッキングが必要だ。そこに飛んでくれ」

空港の格納庫にエディと共に”サーチライト”ヘリコプターの回収をしに来たマック。
時刻は既に夜の7時を迎えており、空はほぼ暗くなっている。サーチライトが最も活躍する時間だ。
とは言っても使うのはただのサーチライトではなく信号探知機の方であり、ライトで照らすことはしないが。

gta_sa 2015-08-20 00-25-15-867

エディの操縦でマックの乗るヘリコプターは格納庫から離陸をし、サンフィエロのダウンタウンに向けて飛行を開始する。
操縦になれたエディの操縦ということもあってか速度は比較的早く、そしてふらつくこともなく非常に高い安定性だ。

gta_sa 2015-08-20 00-26-26-740
Ma「流石だな……フランクリンと違ってあまりふらついてない飛行だ」
Ed「そりゃ、フランクリンみたいに即席で覚えた操縦じゃないからな」

フランクリンは仕事のうえで即席で人から大雑把に教えられた程度なので操縦こそできるが飛行スキルはあまり高くない。
対してエディはしっかりフライトスクールで操縦を学んでいるため、操縦も慣れており、飛行スキルは高め。そもそも操縦できないマックやファビアーノ達は例外だ。

gta_sa 2015-08-20 00-27-32-161
Le「そろそろか? アンテナはダウンタウンのビルの屋上にある。絶対に警護はいないと思うが、居るようなら全員始末しておいてくれ」
Ma「……警護は居なさそうだ、エディはヘリで待機しててくれ」

ヘリコプターはまず最初のアンテナがあるポイントへと到着。まずは1つ目。
ヘリにエディを残してマックは1人、ヘリを降りればアンテナにレスターから予め渡されていたハッキング装置の1つを取り付ける。

gta_sa 2015-08-20 00-29-54-014
Ma「こんな装置があるんだな……」
Le「最近は通販で買えるから便利な世の中になったもんだ。設置は終わったか?」
Ma「ああ、終わったよ。次に行こう」

ただ取り付けるだけなので馬鹿でもすぐにできる。無論マックはそこまでの馬鹿ではないので問題なくすぐに取り付けられる。
……しかし最近は通販で売られている商品も幅が変わってきたようで、安易的なハッキング装置も簡単に手に入るようになった。
もっとも、市販品はすぐに探知されやすい上に、少し手を加えないとロクに使えた代物ではないのでレスターがコンバートを施したわけだが……。

gta_sa 2015-08-20 00-30-41-534

ヘリに再び乗り込み、1つ目のアンテナから飛び立てば2つ目のアンテナのある場所へと向かう。
場所で言えばすぐ隣のビルなので移動には時間はいらないが、この間を歩きや車などで移動となれば話は別だろう。

ヘリコプターから2つ目のアンテナのあるビルを見下ろすエディ。やはりレスターの言う遠い、今のところ警護の様なものは確認できない。
仮に警護が付くとして、こんな街中にあるアンテナの警護をするのはせいぜいそのアンテナを取り付けているビルの警備員くらいしか思いつかない。





gta_sa 2015-08-20 00-31-47-898

こうして得に敵と言う敵が現れることもなく、3つのアンテナすべてにハッキング装置を取り付ければレスターに連絡を入れる。

Ma「全部取り付けが終わったぞ」
Le「よし、今から装置を使ってバンの位置を探す。少し待ってくれ」

レスターはそれだけを告げると終始無言でインカムに響くのはキーボードを叩く音。アンテナ3つでバンの位置を特定し、その後で傍受装置の在りどころを掴むという方法だ。
時間にしておおよそ3分。すぐにバンの位置を割り出したようでレスターはすぐに2人に連絡をする。

gta_sa 2015-08-20 00-36-54-903
Le「バンを見つけたぞ、場所はベイエリア南、ダウンタウンの近くだ。ヘリのサーチライトから出てる光線をバンに当ててくれ」
Ed「了解した、サーチライトの操作はマック、お前がしてくれ」

エディが操縦する”サーチライト”はローターの回転数を落として高度を下げつつ、ベイエリア南、ダウンタウン近くへと行く。
ヘリコプターのプロペラ音や風圧に驚いた市民たちは驚く者も多く、車の速度を上げて逃げて行く者も目視できる。
警察の車載カメラにもハッキリ移るほどにまで低く飛んでいるエディの操縦する”サーチライト”は警察が黙認してしまうほどにまでただの民間機だというのに威圧的であった。

gta_sa 2015-08-20 00-35-40-899
Ma「バンって、あれじゃないか?」

マックが指差す方向にあるのは黒塗りの衛生通信車。
所謂テレビ中継車と同じスタイルをしたバンだ。これの信号をヘリに備え付けられている信号探知機で捉えてデータを盗み取るわけだ。

エディの操縦でヘリコプターはその黒いバンを追いかける形で移動をする。無駄な動きはなく、このバッキンガム・マベリックの性能を最大限に行かせていると言えるだろう。

Ma「おい、逃げて行ったぞ」
Ed「トンネルに逃げられたら厄介だな、さっさと終わらせちまおう」

gallery14

マックはヘリカメラを使いながらサーチライトから発せられる光線をバンに当てて徐々に信号を拾っていく。
しばらくの間信号を回収しつつ、逃げ惑うバンを極力逃がさないように執拗に追いかけ舞わすエディ。その甲斐もあってか数分足らずですべての信号を拾う。

Le「傍受装置の在り何処がわかったぞ!サンフィエロのプレジャードームの駐車場に止められているバンに積まれてる!急げ!奴らに気付かれたら逃げられるぞ!」
Ed「ああ、わかってるさ…!!」

gta_sa 2015-08-20 00-40-35-344

エディはすぐさまヘリコプターの進路を北に向けてプレジャードームの駐車場へと向かう。
おそらくバンの方から信号を拾われたことが連絡が行ってる頃だろう。車が逃げられてしまえばここまでしてきた準備が無駄になってしまう。

gta_sa 2015-08-20 00-41-50-848
Ed「マック、バンは頼んだぞ!!」
Ma「ああ、わかってる!」

ヘリコプターの高度を下げ、マックを下ろしたエディは一度高度を上げて少し距離を取る。万が一銃やRPGと言った武器を使用された際にすぐに回避できるようにだ。

マックはMP5を片手に傍受装置を積み込んだバンに乗っているハッカーなのか、
それともその辺に居るようなチンピラなのかはわからないがバンの運転手に弾を浴びせて無理やり動きを止める。
やはりただのチンピラなのか、反撃するどころか逃げ腰で車を乗り捨てて逃げて行く。楽なことに変わりはないが少し拍子抜けしてしまうマック。

gta_sa 2015-08-20 00-43-04-013
Le「バンの後部座席にある装置を抜き取ってくれ。ヘリでそのまま空港に戻って来てくれ」
Ma「バンごと運ぶんじゃ駄目なのか?」
Le「処分が手間になるし、装置自体は対した大きさじゃない。片手でも持てるだろう?」
Ma「これか……」

バンの中に備え付けれられているパソコンからこの傍受装置を切り離せば片手に装置、もう片方の手にはMP5を持ったまま、着陸してくるエディの送受するヘリコプターへと乗り込むマック。
後はこの装置を空港格納庫に居るであろうレスターの元に届けるだけ。ロスサントスIAAビルに忍び込み、装置を仕掛けるのは他のメンバーの役割だ。

gta_sa 2015-08-20 00-44-25-761

サンフィエロの虚構ともいえるビル群に溶け込む2人と傍受装置を乗せたヘリコプター。藤原妹紅の居場所を突き止めるまであと一歩と言う所だ。