cut2


ロスサントス ダウンタウン IAAビル 長官室
gallery1
Layla(La)「だから、私は知らないって言ってるでしょ!!離して!!」

射命丸文の謝罪会見が行われた直後のIAAビル、長官室。
IAAビルは許可なしにマスコミや一般人、他の組織の人間が入ることは許されていないのでこの上層階にある長官室にまでマスコミ等が取材に来るということは
一切ありえないことなのだが、代わりにここを訪れたのは”射命丸文”派のIAAエージェントたち。

gallery2
エージェント「既に証拠は揃っています。もう逃げられませんよ、レイラ・モートン長官」
La「トビアス、トビアスはどこに行ったわけ!?」

レイラは会見を受けてすぐに必要な物を持って長官室から、IAAビルから出る予定であったのだがその甲斐空しく、というよりも会見の時点で既に射命丸文が手を回していたのだろう。
彼女が荷物をまとめて長官室、IAAビルと立ち去ろうとしたときにその甲斐空しくエージェントに呼び止められてしまう。これでもう逃げられはしないだろう。
制止を振り切ろうにも相手もしっかり訓練されたエージェント。一筋縄ではいかないだろう。

トビアスはと言えば事前にレイラがこうなることを察知し、自分のIAAにおける立場が危うくなるのを感知し、IAAに退職願を出していた。
現在、他のエージェントが彼を追って探しているようだが、彼の出身はヨーロッパということもあり既にアメリカから出ている可能性も否定できない。

gallery3
La「あなたたちどうなるかわかってるんでしょうね!?」

IAAエージェントたちに連行されていくレイラは喚き散らす。
実に滑稽な姿で、こんな人物が何故、IAAの長官を務めていたのか非常に疑問が残るが、噂によれば当時のIAAの人事部と繋がりがあった、と言う話もある。



ロスサントス ダウンタウン IAAビル前
gta_sa 2015-08-25 02-29-15-710
Stella(St)「たった今入った情報によりますと、IAA長官レイラ・モートン氏が緊急逮捕されたということです。先ほどの射命丸上官の会見を受けての事と思われます」

ロスサントス、ダウンタウンに存在するIAA本部ビルの前でニュース中継を行うローカル9 KEOCのステラ・ブラウン。
ニュース番組”YOUR EYES ON THE CITY”は緊急速報として急遽予定していた番組を取りやめて報じる。やはりアメリカ政府直属の機関の不祥事と言う事も合って反響も大きいのだ。

gta_sa 2015-08-25 02-48-09-368
St「あっ、レイラ・モートン氏が他のIAAエージェントと警察に連れられてビルから出てきました!!」

キャスターである彼女が指差す方向に居るのは他のエージェントと警察官たちと共に連れられているレイラ・モートン。これで彼女の野望は打ち砕かれたも同然。
そしてレイラ・モートンにトドメを刺すかの如く報じられるのは……。

gta_sa 2015-08-25 02-53-04-468
St「たった今、IAAより正式に発表がありました。レイラ・モートン氏が長官を解任され、懲戒免職処分になったようです」

続いて報じられるのはレイラ・モートンが長官の座を解任され、懲戒処分になったという情報。
これだけの不祥事を起こしたということを考えれば当然の成り行きだ。これで彼女は後ろ盾から何から何まで失ったとも言える。
必ず「正義」は「悪」に打ち勝つということが証明されたとも言えるだろう。目まぐるしく次から次へと新たな情報が入り、そしてレイラとそれを取り巻く状況が変わっていく。

St「現場より、ステラ・ブラウンがお送りしました」



サンフィエロ ドハティ サプリ製造工場
gta_sa 2015-08-25 02-59-30-435
Tylor(Ty)「やっと蹴りが付いたな」
Sasha(Sa)「そうですね……少なくとも脅威の1つはなくなりました」

そのテレビ中継を生で見ていたのはボスとサーシャの2人。IAAとの因縁は遡ればあのパーティーから始まっている。
そこから目まぐるしく、サンアンドレアスという州も周りの環境も、そしてルチャドールズですらも変わっていったと言えるだろう。あれから1か月近く経つわけだ。
仲間がルチャドールズから去り、そしてルチャドールズという”一匹狼”の様な傭兵上がりのギャングは今、他の組織と共に”シンジケート”を形成し、彼らは互いに協力しあっている。

と、ここでタイラーの携帯に一通のメールが入る。内容はラスベンチュラスにある「紅魔カジノ」にてシンジケートの祝賀会を開催するという旨のメールだ。

gta_sa 2015-08-25 03-01-18-365
Ty「紅魔カジノで祝賀会をやるらしい。サーシャ、ダリルを呼んでくれ。3人で行こう」
Sa「わかりました、空港で合流するように伝えておきます!暫らくは羽を伸ばせそうですね、ボス!」

サーシャはやっと羽を伸ばせると少し嬉しそうなやわらかい表情を浮かべる。
IAAのせいでしかめっ面でパソコンと向き合う時間もかなりあったが、その脅威が取り払われた今、パソコンから少し距離を置いても問題はなさそうだ。

gta_sa 2015-08-25 03-01-43-376
Ty「しかしこれで一息つけそうだが、まだ暴れたりないな」
Sa「今日くらいはゆっくりしましょうよ、ボス。ラスベンチュラスで2、3日ゆっくりするのもいいと思いますよ」

流石は破壊神ともいうべき存在か。常に暴れていることを生きがいとしているようなタイラーからすれば平穏な日常と言うのはとてもつまらないもの。
IAAに目が付くというのもあって自分らから暴れることはできなかったが(とは言ってもIAAからの刺客に対しては十分以上に暴れている)しばらくはこちらから仕掛けることも可能だろう。

ルチャが保有するクラブ・リーガルで羽目を外すのもいいかもしれないが、今日から2、3日はラスベンチュラスでシンジケートの面々と祝杯を上げに行こうではないか。

gta_sa 2015-08-25 03-01-51-558
Sa「ダリルさんは空港で飛行機でスタンバイして待ってるそうです!行きましょう、ボス!」
Ty「よし、行くとするか」

サンフィエロを2、3日開けることになるが現状脅威はないも同然なのでおそらく仲間たちでことは足りるだろう。
もちろんケースバイケース、何かあればすぐに戻れるように準備も怠らない。そしてすぐに何かあれば連絡するように仲間たちに伝えてある。問題はないだろう。



ロスサントス ダウンタウン アルター本社ビル
gta_sa 2015-08-25 03-08-00-382
秘書「幽香様、IAA長官レイラ・モートンが逮捕され役職を解任されたそうです」
幽香「そう、報告ありがとう。これでしばらくは一息つけそうね」

もちろんこのレイラ・モートンの逮捕と役職の解任は例外なくアルターCEOの風見幽香の耳にもすぐに入ってきた。
彼女はあまりテレビを見ることはしない、というのもこの前解体されたチャンネル6よりラジオ局を買い取り独自のラジオチャンネル「ULTOR FM」を開設したばかり。
最近のロックやポップミュージックを流しつつ、アルターの宣伝やスポンサー企業の宣伝を行っている。ただし幽香が完全に監修しているわけではないのでほぼ独立しているようなものではあるが。

gta_sa 2015-08-25 03-10-15-571
幽香「……飛行機をLSIAに用意してもらえるかしら?」
秘書「どちらへお出かけですか?」
幽香「ちょっと友人たちのところへ。貴方もついてきてくれると心強いわ」

幽香の元に届いたメール。彼女の携帯に直接入ってきているので他の者が確認することはできないが少なくともラスベンチュラスの紅魔カジノで行われる祝賀会の招待メールだ。
シンジケートのメンバーということもあるが彼女自身がバッシングを浴びかねないがこの記念すべき出来事を祝いたいというのもあった。

gta_sa 2015-08-25 03-10-39-181
秘書「かしこまりました。泊りですか?」
幽香「ええ、3日ほど向こうで過ごすことにするわ。それとラスベンチュラスのエメラルドアイルに2室予約しておいてちょうだい」

幽香の指示に二つ返事で秘書は了承するとすぐさま幽香が良く使っているラスベンチュラスのホテル・エメラルドアイルに連絡を入れる。
自身の部屋と秘書の為の部屋、もちろん一番上のスイートルームを使う。3日分の予約を入れれば次に彼が電話したのはアルター専用ビジネス機の専属パイロット。
ロスサントス国際空港にて待つように指示を出しておく。アルター社もなかなか上手い具合に身動きが取れなかったがこれで自ら商談に赴くことも可能になった、と言える。


Season 2 END