local9_terop

2020年12月より開催されているロスサントス・モーターショーにて新発表された複数のメーカーの展示車両。
その中でも注目を集めている数多くの車両を紹介します。

シェバル・カヤック タクシーコンセプト
gallery5
gallery6

ブルート傘下、デクラス・グレンジャーやアルバニー・カヴァルゲートのプラットフォームを改良し、使用する予定のシェバルの新型ラージSUV”カヤック”は2022年初頭に生産・販売開始予定。

「クエーサー」とは対等に張り合うであろう車両の1つでここに来て次世代タクシー車両とパトカーのシェア争いに参加する予定だ。
現在のところ、価格は4万ドルほどに落ち着き、価格面でも張り合うことを想定した価格設定となってる。

エンジンはシェバル製の新しいV6ハイブリッドエンジンが積まれる予定だ。

gallery7

車内はSUVらしく非常にまとまっており、そして広々と快適な物に仕上がっている。乗り心地は平均かそれ以上。
加えて積載量もそこそこあるのでタクシーや警察の鑑識車両などにはかなり向いている車両なのではないだろうか。


スカーレット・アグニシャイン
agnishine (1)
agnishine (2)

2020 LSモーターショーで注目を浴びていたのがこのスカーレットのアグニシャイン。
GT3シリーズで現在活躍中のフォービドゥンに変わる次の車両がこのアグニシャイン。

ベーシックグレードのスペックは568馬力、FRレイアウト、最高301km/h。エンジンはスカーレット製V8。価格は14万5000ドルからとされており、やや上級思考が強いものだ。

agnishine_gt (1)
agnishine_gt (2)

ベーシックグレードでも高性能な部類だというのにGT3仕様を公道でも走行可能にした「GT」は634馬力、最高330km/hを誇り、エンジンはほぼ同じだがより強力な物へとなっている。価格は36万ドルとやや強気の価格設定。富裕層の車好き向けの車両とも言えるだろう。

GTにはウィングやロールケージなども装着され、いかにも”レースカー”な佇まい。どのような層をターゲットにしているのかはイマイチわからないがこのような車を作れるのもやはり今売れに売れているスカーレット製の車両だからこそだろう。